ガルーダの模様が美しい、マジックテープ名古屋帯を作りました。

■ガルーダや植物、祭壇?などが描かれたバティックです。

 このスメン模様は、ジャワ文化の世界観をあらわしたもの

 で、かつては王族しか身につけられない禁制模様だった

 そうです。

 

■職人さんの手作業で作られた布なので、模様の反復が

 それほど正確ではなく、裁断がとても難しいです。

 お太鼓の部分に丁度良くガルーダが配置されるように、

 柄を見ながら裁断していきます。

 

■バティックの制作方法は、

 トゥリス(手描き)、チャップ(型押し)、プリント、

 という3種類の方法が知られていますが、

 どの方法で作られた布の品質が良いか?というと、

 結局は、手に取って比べてみるまでるまでわかりません。

 また、混合的な手法で作られている場合も多いです。

 

 

© 2017 Karura  All rights reserved.